外来ご案内

outpatient

消化器内科ご案内

どんな時に消化器内科を受診したらよいのか

消化器内科は主におなかの病気、すなわち消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆道、膵臓の病気の診断・治療を行っています。このような臓器に異常が起きると、さまざまな症状がでます。お腹が張る、胸焼け、腹痛、下痢、はきけ、食欲の低下、体重減少などから、黄疸(からだが黄色くなる)、吐血(血を吐く)、下血(黒い便がでる・便に血が混じる)などの重症のものまであります。このような症状が気になる方はぜひ当科を受診してください。

どんな診療・加療をするのか

医師の問診の後、必要であれば内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)・腹部エコー検査・血液検査・マルチスライスCT検査などを行います。
特に早期のがんの発見に力をいれており、内視鏡検査などでがんが見つかった場合は、東京医科歯科大学をはじめとする大学病院などに紹介しています。
また症状を抑えるために、お薬を処方したりすることもあります。

消化器内科の疾患について
1、消化管の癌(食道癌、胃癌、大腸癌)

消化管の癌(食道癌、胃癌、大腸癌など)は、進行癌になってくるとなんらかの自他覚症状が出現することが多く、内視鏡検査で容易に病変を見つけることができます。
しかし早期癌は自覚症状がほとんどなく、発見が難しいものも多く見られます。
当院では最新の内視鏡機器をそろえ、通常観察では見つけにくい早期癌の発見に力を注いでいます。

2、逆流性食道炎

我が国では以前より、逆流性食道炎を含めた胃食道逆流症(gastro-esophagealreflux disease;GERD)患者の頻度は欧米に比して少ないことが知られていました。
かつては主に欧米でよく見られた病気でしたが、食事スタイルの欧米化や社会全体の高齢化に伴い近年では日本でも増加の傾向にあります。

逆流性食道炎とは、何らかの原因で胃液や胃の内容物などが食道に逆流することにより、食道の粘膜に炎症が起こる病気です。胃液には、胃酸という食物を消化するための強い酸が含まれています。食道の粘膜は、胃の粘膜とは異なり胃酸の消化力を防ぐ機能を持たないので、胃酸が食道に逆流すると粘膜の炎症が起きます。逆流性食道炎は逆流した胃酸が食道の粘膜を荒らすことにより起きますが、胃酸が逆流する原因は様々です。

最初にあげられる原因は、胃酸の過剰分泌です。欧米化した食生活、すなわち肉や油っこいものなど脂肪分が多い食品を日常的に摂取するような食生活を送っていると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増加し、また胃酸の逆流が起きやすくなります。それと同様に、食べすぎも胃の活動を活発にし、胃酸の過剰分泌を起こします。

次の原因としては、下部食道括約筋の機能の低下があげられます。下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉です。この下部食道括約筋が、老化や胃の手術などによりその機能が低下してしまうと、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎の患者に高齢者が多いのはこのためです。

さらに、腹圧の上昇も逆流性食道炎の原因として考えられます。具体的には、肥満やベルトなどによる腹部の締め付けや、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力むことにより胃が圧迫され腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。

症状
1. 胸やけ(胸に熱いものがこみあげてくるような感じがする)
2. 嚥下障害(のどがつまり、食物を飲み下すことが困難になる)
3. 呑酸(どんさん;すっぱいものや苦いものが口まであがってくる)
4. せき(激しく咳込んでしまう)
5. 胸痛(胸部にしめつけられるような痛みを感じる)

以上のような症状がある方は、一度内視鏡検査(胃カメラ)を受けて頂く事をお勧めします。

3、肝臓の疾患

肝臓は食物中の糖、脂肪、たんぱく質を分解して、体にとって必要な物質(ブドウ糖、各種たんぱく質、ビタミンなど)に作りかえ、エネルギー源を供給したり、皮下脂肪としてたくわえる、さらにはアルコールや薬物・化学物質などを分解したり解毒する、といった重要なはたらきをしています。

肝臓は沈黙の臓器といわれるほど余力に富んでいて、少々の病気では異常に気づかないくらい、頑丈にできています。いいかえれば病気があっても自覚症状が出にくいと言えます。肝臓はひとたびその余力を超えて傷ついてしまうと、多くの場合、長期の療養が必要となります。

ウイルス性肝炎・アルコール性肝炎・肝硬変・肝がんなどの病気があります。

4、胆嚢、胆管の疾患

肝臓は生体内の老廃物や有害物質を代謝・解毒し、胆汁として体外に排出する機能を持っています。日常の役割を済ませたり余ったりしたコレステーロールや古くなった色素(ヘモグロビン)から生成されるビリルビンなどが主要な成分となり、肝臓から合成する胆汁酸とともに水分と溶け合って胆汁になります。
胆石症・胆のうポリープなどの病気があります。

胃内視鏡検査を受ける方へ

検査の流れ

当クリニックで始めて胃内視鏡検査を受ける方は、最初に受診して頂き医師の問診を受けてから、胃内視鏡検査のお日にちを予約して頂きます。

検査前日

【食事】夜8時以降は食事をしないでもらいます。脂肪食・消化の悪いもの・アルコールは控えて下さい。飲水は可能です。
【お薬】いつも飲んでいる薬は飲むことが出来ますが、血液の流れを良くする薬(バファリン、ワーファリン、プラザキサなど)については医師の指示に従って下さい。
※上記のことは診察時に医師・看護師より詳しい説明があります。

検査当日
<来院前>

【食事】食事はしないで下さい。(コップ1杯のお水は可能です)
【お薬】血圧の薬は7時までに服用して下さい。糖尿病でインスリン注射や内服薬を服用している方は、低血糖になる恐れがありますので、注射・内服はしないで下さい。現在服用中のお薬が分かるお薬手帳、薬の説明書をご持参下さい。
【麻酔】希望にて鎮静剤を使用します。終了後は十分休んで頂きます。当日は自動車・バイク・自転車での来院は危険ですのでご遠慮下さい。

<来院後>

【受付】来院されましたら、受付にて声を掛けて下さい。診察券・保険証・同意書を受付にお出し下さい。
【受付後】待合室にある自動血圧計で血圧を測って出てきた紙を持ってお待ち下さい。また受付にて当日の検査の流れの説明書をお渡しします。お待ちの間に目を通して下さい。その後で看護師がお名前を呼びますので、血圧の紙を渡して下さい。

【検査前】
1、胃の中の泡を取り、検査で胃の中を見やすくするためのお薬を飲みます。

2、のどに麻酔をかけます。ゼリー状のお薬をのどの奥に3分間溜めて下さい。入れ歯の方は外して下さい。

※ご希望により、楽に検査が受けられるように鎮静剤を注射して、少し眠くなった状態で検査を受けることも出来ます。

【検査中】内視鏡を口から挿入し、上部消化管を満遍なく観察します。必要があれば組織の一部を採取して良性・悪性の判断をします。

1、マウスピースを前歯で噛んで下さい。
2、呼吸は鼻から吸って、口からはきます。
3、「つば」は吐き出してください。
4、「お話はしないで下さい」
5、全身、特に、のど・舌・肩の力を抜いて下さい。
6、「げっぷ」は我慢してください。(検査は10分ほどで終わります)

【検査後】
1、鎮静剤を使われた方は車椅子で2階の回復室でお休み頂きます。しっかりと目が覚めて足元のふらつきが無くなるまでお休みになってからお帰り下さい。
2、目が覚めましたら1階の受付にてお会計をして下さい。
3、のどに麻酔をしています。飲食は検査終了後1時間以上たってからお願いします。

後日来院して頂き、医師より結果をご説明いたします。

大腸内視鏡検査を受ける方へ

検査の流れ

当クリニックで大腸内視鏡検査を受ける方は必ず来院して頂き、医師の問診を受けてから大腸内視鏡検査の予約のお日にちを決めて頂きます。
この時に、下剤の飲み方の説明があります。また感染症の検査のために血液検査をします。

検査前日

夕食は午後7時までに済ませて下さい。お食事内容は3食召し上がって結構ですが、こちらで食事内容に関する注意事項の用紙をお渡ししますので参照して下さい。ただし水分は飲んで頂いて構いません。

下剤については種類がありますので事前に説明があった飲み方をお守り下さい。

検査当日
<来院前>

【食事】朝から検査が終了するまで絶食になります。水、お茶など透明な飲み物は飲んでも構いません。
【お薬】血圧の薬を服用している方は、下剤を飲み終わったら飲んで下さい。
糖尿病でインスリン注射や内服薬を服用している方は、低血糖になる恐れがありますので、注射・内服はしないで下さい。
軽い鎮痛剤を使用しますので、自動車・バイク・自転車でのご来院はお止め下さい。
血液の流れを良くする薬(バファリン、ワーファリン、プラザキサなど)については医師の指示に従って下さい。

<来院後>

【受付】来院されましたら、受付にて声を掛けて下さい。診察券・保険証・同意書を受付にお出し下さい。
【受付後】待合室にある自動血圧計で血圧を測って出てきた紙を持ってお待ち下さい。また受付にて当日の検査の流れの説明書をお渡しします。お待ちの間に目を通して下さい。その後で看護師がお名前を呼びますので、血圧の紙を渡して下さい。

【検査前】
1、大腸の検査を受ける時は大腸の中をきれいにしておかないといけません。下剤を全量服用できたか、また便の状況などを看護師がお聞きします。必要に応じて浣腸などの処置をすることもあります。
2、ズボン・下着を脱いで検査用パンツに履き替えます。
3、腕から点滴をします。時計・ブレスレットなどは外して下さい。

【検査中】肛門から内視鏡を挿入し、大腸をまんべんなく観察します。必要があれば組織の一部を採取して良性・悪性の判断をします。

1、より楽に検査を受けられるように痛み止め、長の動きを抑える注射をします。
2、検査中に痛みが出るようであれば我慢しないでお申し出下さい。
3、体の向きを何回か変えて頂くことがあります。
4、お腹が張ってきたら「おなら」を出して下さい。
5、必要に応じてお腹を手で圧迫させて頂くことがあります。

【検査後】
1、お腹の中に空気がたまった状態ですので「おなら」をどんどん出して下さい。
2、検査後すぐの食事は軽食でお願いします。
3、おなかが刺激されることにより症状が出ることがあります。腹痛や下痢などの症状が出ましたらお申し出下さい。

後日来院して頂き、医師より結果をご説明いたします。

ページのトップへ