外来ご案内

outpatient

月に1回のセルフチェック 乳がんの自己検診法

自己診断を続けることで、普段とは違う乳房の変化に気付くことができます。月に1回、下記の手順で自己チェックを行う習慣を身につけて下さい。

自己診断は、整理が終わった後4〜5日が適当です。閉経後の人は、毎月、日を決めて行って下さい。

鏡の前で乳房の形をチェック

鏡の前に立ち、両腕の力をぬいて自然に下げたまま次のことを調べます。

a.左右の乳房の形や大きさに変化がないか。
b.乳房のどこかに皮膚のへこみやひきつれはないか。
c.乳首がへこんだり、ただれができていないか。

両腕を上げた状態で、a.b.c.と同じことを調べます。
(しこりがあると、そこにへこみができたり、ひきつれができたりすることがあります。)

仰向けになってしこりをチェック

仰向けに寝て、あまり高くない枕、あるいはタオルを折り、背中の下に入れます。左手を上に上げ、頭の下に入れるようにします。
右手の指をそろえてのばし、まず左乳房の内側を調べます。

右手を左乳房の内側(乳首よりも内側)にのせ、指の腹を胸の中央部に向かって柔らかく、しかもしっかり滑らせるようにし、しこりの有無をまんべんなく調べます。

同じ姿勢のまま左腕を自然な位置に下げ、今度は乳房の外側の部分を外から内に向かって柔らかく、しっかりと指を滑らせて調べます。

右乳房も同様の方法で調べます。

わきの下のリンパ節と乳頭をチェック

起き上がり、右手の指をそろえてのばし、左ワキの下に入れて、しこりがあるかどうか指先で確かめます。
右のワキの下についても同様の方法で調べます。

左右の乳首を軽くつまんで、乳を絞るようにし、血液の混じった分泌物が出ないかどうかを確かめます。

注意:乳がんの自己検診を行う時は、指先で乳房をつままないようにすることが大切です。

ページのトップへ